トップへ

クリスタルヘッドの作り方

No409C、crystal-calm crystal- 静寂の結晶の作り方を公開いたします。(ダイヤ部分)
不明な点は掲示板に書込んでください。説明いたします。

1
最初にどのようなモノを作るか1mm方眼用紙に設計図を書きます。
その寸法どうりにシルバーの地金を切り出します。
(ここでは真鍮の塊を使っています)

2

ノギスを使って横幅20mmで線を引きます、写真のように片方の辺に当てながら引くと平行線をきれいに引くことが出来ます。4面1周引いてください。
糸のこの厚み分の線を引いて2重の線を引くと精度が増します。
例えば0,3mmでしたら20mmと20,3mmの線を引いてその間を切ります。

3

線の通りに糸鋸を引いていきます、線に沿って角から上の面、角、横の面、角、下の面とあらゆる方向から糸鋸を進めて行くのがポイントです
4
切りあがったら、断面をやすりできれいにします。

厚み7mmに線を引いて切ります
6
基本の長方形が出来ました、立ってる部分を使います。
(縦幅はもともと30mmでしたので切っていません)


やすりでで断面をきれいにします。

先がとがった棒をケガキ針といいます、これで線を”ケガキ”ます。ここではダイヤの形にするために4辺ケガキます
裏表とサイドも線を入れてください。

4面切り落としました
10
中心から頂点と辺の中間、8方向にケガキくようにします、
11
中心をケガキ針で押して小さい穴を開けておきます。
ケガキ線はやすりで削ったときになくなってしまいますのでこれが中心点として残ります
12
サイドも3mm、4mm、3mmの間隔で2本線を4面引きます。

13

ケガキ線どおりにやすって行きます。

14

きれいな面にするにはシルバーを持ってやすりと面と面をぴったり合わせるようにすり合わせるときれいな平面が出ます
15

2面出来上がりました。この段階でケガキ線は消えていますので、頂点の点を目安にやすります。
15

3面出来上がりました。
15

4面出来上がりました。これで片面出来上がりです。
これを裏面も同じように削っていきます。
16

両面削り終わったらこれを細かい番手の耐水ペーパで磨き上げていきます。(400から〜4000番まで)

16

出来上がりです。
これに丸環を入れる穴をサイドに空けて丸環を入れれば
ペンダントヘッドになります。
戻る