トップへ

チタンリングの作り方

No036Wtiチタンリングの作り方を公開いたします。
不明な点は掲示板に書込んでください。説明いたします。

1

まずシルバーの地金を切り出します。
2

バーナーで焼きなまします。焼きなましとは、銀を赤くなる寸前まで火を当てて、柔らかくすることです。バーナーはカセットボンベ式でもOKです。
3

やっとこで曲げてリングにします。部分的に細くなっていますので、全体的に少しずつ曲げていきます。
4

端の断面同士がぴったりあうように、着けます。このときはまだ正円にする必要はないです。
5

フラックスを乗せ火を当てます。
6

継ぎ目に銀蝋を乗せます
火を全体的に回すようにして当てます
銀蝋が隙間を埋めるように流れたら火を離して、水で急冷します。
写真ありませんすいません 7

硫酸に10〜30分付けて、フラックスを落とします。硫酸からあげたリングを重曹を付けたブラシでこすり、中和させます。
8

きれいになったリングを芯金に通し、木槌でたたきながら、奥に差して行き、リングを正円にします。
9

内側も同様にやすっていく。(250〜1500)写真は、リューターで磨いています。アルミの丸棒にペーパーを巻いたものでもOKです。
10

バランスに気を使いながら端をキサゲで滑らかにします。
11

リングを心金に入れて、
イモヅチで鎚目を入れます。
リングの質感が変わります。
12

バフをかけます。バフがなければ2000番までペーパーをかけてウイノールをつけた布で磨きます。
13

基本のリング部分が出来ました。
14

クロスの飾り部分を作ります。
チタンの板にケガキ針で下絵を書きます。
15

糸鋸で切出します。
16

減りをやすりで微調整します。まっすぐなラインに。
17

穴をあける場所にセンターポンチを打っておくとあけ易くなります。
18

ドリルで穴をあけます。(あとでこの穴にシルバーの棒を通します)径1.5ミリのドリル刃であけています。
19

拡大図です。
20

全部あきました。あけた穴より大きいドリル刃で皿穴をもみます。
21

土台のリング部分の中心に穴をあけます。(ここにシルバー棒が入ります)
22

クロスの中心の穴と、リングの穴にシルバーの棒をとおします。ニッパーでいらない分をきります。
23

おたふくづちで棒の頭をつぶします。クロスとリングは圧着します。下の木の芯金は間違いです。鉄の芯金が正解。
24

クロスの穴をゲージにして、下のリングまで穴を貫通させます。
25

残りの穴も同じようにシルバーの棒を打ち込みます。
26

ぴかぴかになるまでバフをかけます。
27

出来上がりです。

チタンリングに使った道具です。


左から
1、耐火ボード
  この上で蝋付け作業します。
2、逆ピンセッ
  今回使っていません。
3、ピンセット
  これでフラックスを付けたり銀をつまみます。
4、銀蝋(5分蝋)
  銀蝋には溶けやすい順に、早蝋、7分蝋、5分蝋、3分蝋とあります。
5、ステンレスのバット(水が入っています)
  これで熱くなったリングを急冷します。
6、フラックス
  銀蝋を流す部分に乗せて、バーナーで溶かします。溶けたフラックスは銀蝋を流しやす  くします。
7、点火用ライター
  バーナーに火をつけるためのもの。
8、バーナー
  写真は、カセット式のボンベです。本格的にやるなら、ブローパイプとエアーポンプでプ  ロパンガスか都市ガスを引いて使用することを薦めます
9、片丸やっとこ
  丸部分をリングの内側に入れて使います。
10、ハンドドリル、1ミリドリル刃
   これで穴をあけます。写真に載ってないのですが、穴をあける場所にセンターポンチ   を打っておくとあけ易くなります。
11、糸鋸、0.3ミリ鋸刃
   これで銀を切ります。
12、ウイノール、布切れ
   これで最後の仕上げをします。ウイノールは銀のつやを出します。
13、ヤスリ(6番)三角、丸、半丸
   鋸刃の後のぎざぎざを整えます。
14、木槌
   木槌で芯金に入れたリングをたたいて正円にします
15、単目やすり
   リングの合わせ目をヤスリ直線にしてぴったりあうようにします。本来粗く削るためや   スリです。
16、芯金

   芯金にリングを入れて木槌でたたいてたたいて正円にします
17、リュウター
   内側を磨くために使います。棒にペーパーを巻いたものでもかまいません。
18、耐水ペーパー(250〜2000番)
   外側を磨くために使います。荒いものから番手を上げていってください。
19、スリ板
   この上で作業します。糸鋸刃をスリ板の裂け目の中に常に置くようにして銀を切って   いきます。片方の手で銀を押さえます。
20、自在バイス(万力)
   これで銀を固定したり。スリ板を固定します。
21、ボール盤
   電動ドリルです。垂直に穴があけられます。
22、金槌各種
  イモヅチ、おたふくづち、写真にはありませんが、用途によって使い分けます。
戻る